スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.07.25 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    あと1日。

    0

      どうも、今回、中年ステファノとおじいさんをやらせていただいております浅川仁志です。

      小さいつが消えた日の公演も残すところ明日の2回だけになってしまいました。
      稽古が始まったのが4月ですから、約3ヶ月この作品に関わってきた事になります。
      もっと言えば、この作品をやると決まったのは約1年前で、
      さらに言えば、原作が書かれたのは何年前?書き始めたのは?書こうと思ったきっかけは…?
      とか。
      イッツフォーリーズの公演とは関係ないことなのかもしれないけど、でも原作がなければ今回の公演もなかったわけで…。
      そんなことを考えたりします。
      逆に考えると、小さいつが消えた日という本はこれからもずっと読まれていく作品だろうと思います。

      明日で終わりだけど終わりじゃない、という…、世の中って不思議ですな。
      あるところではいらないかもしれないことも、別の場所では必要とされたり。
      無駄なものなんか一つもない、っていう。

      小さいつが消えた日は日本語の五十音のお話です、が、世の中は不思議なバランスで成り立っている、そんな事を伝えたい本なのかな?なんて思っています。
      良いお話なんだけど、それだけで終わらない深〜いお話だと。


      まあ、それはそれとして、イッツフォーリーズの公演は普段はだいたい出演者が12人くらいですが今回は23人出演で、ナンバーによっては20人くらいで歌ってますからミュージカル劇団としてはその辺が見せ所なんでしょうが、役としてそういうナンバーに絡んでいないのが個人的には寂しいところです…。


      いろんな見所があるイッツフォーリーズの『小さいつが消えた日』です。


      6月16日の赤坂区民センター区民ホールでの公演と、昨日と今日、六行会ホールにて観劇されたお客様のおかげで明日の千秋楽を迎える事ができます、本当にありがとうございました。
      明日観劇予定の皆様はどうぞお楽しみに。劇場にてお待ちしております。




      日本語のお話なのに上手くまとまらない文章でした…。日本語って難しい…。



      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      selected entries

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      書いた記事数:115 最後に更新した日:2013/07/25

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM